心に残った言葉集
平成8年に大病をし、以後5年間入退院を繰り返したときに、徒然に見たり、読んだりした中で、心に残った言葉と、それ以後の暮しの中で心に叶った言葉を発表します。
    







◎この世の悪魔は人の心にこそ存在する。・・・・・・マハトマガンジー

◎ 置かれた場所で咲きなさい。
  どうしても咲けない時は、下へ下へと根を伸ばす。つらい日々も笑える日に繋がっているの
  です。 老いをチャンスにする。道は必ず開ける。老いは神様からの贈り物。
  生き急ぐよりも心にゆとりを。・・・・・・渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)

◎ 白珠は人にしらえず 知らずともよし 知らずとも われ知れらば 知らずともよし
       ・・・・・・ 奈良・元興寺(がんこうじ)の僧
   (訳)海底の真珠は人に知られない。しかし、知られなくとも良い。
      人間も同じで、たとえ人が知らなくても、自分自身がわが身の才能を知っていれば、
      人が知らなくても良い。


◎ 幸福しか知らない人間も、不幸しか知らない人間も、人には優しくなれない。・・・テレビ

◎ 裏を見せ表を見せて散る紅葉 ・・・・・・良寛 

◎ 人間は一人で生まれ一人で死ぬ。生まれた時が別々やったから死ぬ時も
   別々なの。やがて来るその時まで人生を楽しむべき。・ ・ ・村瀬明道尼
◎ 空気と水と親の恩なくして人は生きていけない。・ ・ ・ 村瀬明道尼
   
◎ 幸せとは平凡な暮しの中にある。

◎ 
人間の偉さは物や金をどれだけ持っているかでは決まらない。
  貧乏人が偉いと言う事でもない。金の多い少ないは人間の偉さとは関係ない
  眼に見えないものが大切である。・・・三浦綾子(泥流地帯)


   金持は天国に行くは難し、駱駝が針の穴を通るより難し、
  汝食べ物、衣服に煩う事無かれ。・・・キリスト


◎ 身を促(ちぢ)めて小ならしむ。・・・
  自分というものは詰まらない人間であると悟り、
  謙虚である事。増上慢は最もいけない。・・・行法経


◎ 宝を求めるなら、宝を求める道を歩め。・・・
  

  あの世に持って行ける物は何も無い。執着を無くしてあの世に行くには、
  何も無い方が良い。


◎ 貪りの心を無くして淡白になれば、直観力が冴える。

◎ 法華経を人生に如何に生かすか。・・・・
  理屈として観念として捉えてもどうなる物でもない。
  身体ごと実感を伴った体得でなければ役に立たない。


◎ 「我」を捨てること。「我」の根底にあるものは「慾」。
  「慾」を捨てると心が楽になる。


◎ 大役を果たす人ほど難が大きい。・・・

◎ 頭で考えるのは知識。・・・心で考えられる様になる事。
  心の底から解る事は、悟り、穏やかさに繋がる。


◎ 功成り名遂げても叉良く、人知れず・・も、叉良しとする。

◎ 人間は死と共存している。生まれた時から死に向かう。死と共に生きる。・・・
  気持ちが楽になる。    瀬戸内寂聴


◎ 柔軟な心になる事。煩悩を絶つことは出来ないが柔らかくする事は出来る。
  渋柿が甘くなるように煩悩が悟りとなる。

◎ 人生最高の幸せとは、人の為に尽くして、それを続けること。

◎ 人は余程の事が無い限り人の事は分らない。人の苦しみを分るにはお互いに愛し、
  許し、認め合う以外に無い。


◎ 自分に出来る事はベストを尽くし、出来ない事は、大いなるものにお任せすると
  気持ちが楽になる。比べるから苦痛になる。心の「場」を作れ。
  暑い野球場、寒いスキー場等苦になるか


「如何に死ぬか」が分れば、「如何に生きるか」が分る。

◎ 老後を如何に暮らすか。(主に1人暮らしになって)
     @ 第三の家族(友人)を作る
       
第一の家族・・・・・父母、兄弟、
           第二の家族・・・・・配偶者、子供、
   
A 老後のリセットをする。
          今までの人生で経験した栄光や知識等を、自慢する事無く胸に収めて、
       
新たに出発する気持ちを持つ。
  
 B 老いを認める。
          老け込むのではなく、素直に老人であると認識する
                               ・・・・・敬老の日のNHKテレビより。

◎ @雨の日には雨の日の生き方がある。
  Aどんなに重くとも自分の荷は自分で背負って歩く
  
B自分に何が出来るかを考え、日常の出会いを大切に、
     マイナスをプラスに変える生き方を
・・・
                            ・・・・・徳島県板野中学校教諭  森口 健司 

  ときめきの3つの言葉・・・(自分から言い出さないと帰ってこない言葉

   @    誉め言葉(センスの良い言葉で誉める) 
   A    感謝の言葉(有難う)        
   B    愛の言葉(相手の名前を呼ぶ)    
                      
 ・・・・・藤田弓子講演会より

 
@ およそこの世に在る物はすべて変化する。そのままの物は無い。
    川のように、
谷のせせらぎから発して大河となり海に注ぐ。
    又雲となり雨となり川となる。すべては巡り巡って止まる事が無い。

  A 苦悩があるのは欲望があるから。慾を捨てれば苦は無い。
                           ・・・・インド映画「シッタルーダ」より

◎ 自分が人に何をしてやったかより、人に何をしてもらったかを考えよ。
   おのずと感謝の心が湧いてくる。 ・・・・テレビドラマより




一人っ子の部屋の内容は,俳句・旅行写真・ブログ(ひとりごと)・手記(パソコンでリハビリ)言葉集・母の思い出・リンクなど・・・一人っ子の部屋へどうぞ
CopyRight 2006 hitorikkonoheya All Rights Reserved