メルボルン郊外の小高い丘を走るバッフィンビリー鉄道、小型のSL。
お伽の国へ向かう感じ。ゆっくりだから窓から足を出して座る人もいる。
8割が観光客だが、住民も利用している。

もどる