エフェソスへの入り口
エフェソス市街への入り口。大理石の門。町中が大理石で出来ている。
B.C.11世紀、イオニア人が築いたといわれる。以後支配者は何度となく変わるが、
町は貿易で繁栄を続けた。最も栄えたのはローマに支配されていたB.C.2世紀ごろ。
規模、歴史的価値、保存状態で群を抜いている。もちろん世界遺産。